自宅に使われている窓ガラスの性質

window_nature
自宅に使われている窓ガラスの性質というのは、ユーザーのニーズに応えることのできる様々な機能や安全性を持ったガラスが望ましいでしょうね。例えば、お家を建てるというユーザーがどのような機能を窓ガラスに求めているのかというと、防犯性をはじめ、騒音が軽減されたり断熱性能の高い窓ガラスでしょうね。

そこで、まずは窓ガラスの防犯性能についてですが、すでに市場に数多く出回っている防犯ガラスの場合、2枚のガラスの間に特殊なフィルムを挟み込むことによって、空き巣が簡単に窓ガラスを割れないようにしているそうなのです。おまけに、防犯ガラスにはラベルが貼ってあるため、空き巣が窓ガラスを割ろうとした際にはすぐにそのラベルが見えるので、ロス時間が多目に掛かるということでガラスを割って侵入するということすらもあきらめるというのです。そういう意味では、空き巣からの被害を水際で止めるという効果も防犯ガラスにはあるようですね。

次に、ユーザーが窓ガラスに求める要望として多いのはやはり断熱性能でしょうね。とくに断熱効果の高い窓ガラスには、2枚の板ガラスを合わせた複層ガラスが挙げられます。この複層ガラスの場合、ガラスとガラスの間に空気層やガス層を設けることで、断熱性能や遮熱性能が数段に高まるという効果が期待できます。また、窓ガラスに特殊な金属の膜を貼ることで、同じ断熱ガラスの中でもさらに秀でた製品を販売しているメーカーもあります。例えばエコガラスと呼ばれる製品で、夏は暑くなりにくく冬は冷えにくいということで、冷暖房効果が数段アップするために光熱費を節約することも可能です。さらにこうした複層ガラスの場合、外の冷たい冷気に直接触れることのない部屋側の内側ガラスには、結露も当然発生しにくくなるという二重効果があります。

こうした断熱効果を狙いとした複層ガラスには、ガラスとガラスの間の空気層を真空にした製品などもあります。

Comments are disabled