ガラスを取り扱う仕事にありがちなトラブル

glass_trouble
ガラスを使用する側としては、ガラスが関係したトラブルに見舞われることが多いです。その中でも多いのがガラスの破損や汚れ。ですが、逆にガラスを使用してもらう側、つまりガラスを取り扱う仕事を行っている側の方も、いろいろなガラスに関係するトラブルに苛まれているものなんですね。それでは、ガラスを使用する側ではなく、ガラスを取り扱う仕事にありがちなトラブルについて、ちょっとフォーカスを当ててみましょう。

ガラスは非常に繊細なものです。ちょっとしたことで傷や汚れ、割れの原因を作り出してしまうことになります。ガラスを取り扱う仕事をしている方もこの部分には細心の注意はしているのですが、それでもついつい傷がついてしまったり汚れが付着してしまったりするのは否めません。弘法も筆の誤りというように、どれだけ達人的な仕事をされる人でも、100%失敗をしないとは断言できないですからね。それに、ガラスが製造された時点で既に汚れがついているというケースもあります。そのような時は、事前からある汚れについて顧客からのクレームでトラブルに発展するということもあり得るでしょう。

また、ガラスを取り扱っている仕事の方は自分の体を傷つけてしまうというトラブルが起こる可能性もあります。ガラスは製品として存在している限りは人を傷つけることはありませんが、それが破損してしまった時は立派な刃物になりますので、割れたガラスを処理するような時は自分の身を守らなければ手や体を切ってしまったり、足の裏にガラスの破片が突き刺さってしまったりするトラブルが起こり得ます。

ガラスを取り扱う仕事の人は、普通の人と比べてガラスによって起こるトラブルに苛まれるケースはかなり多いと考えられます。そのような視点で見ると、ガラスに関係した仕事をされている方は、私たち以上に危険であったり気を使ったりされて、とても大変な仕事をしているのだなと感心してしまいます。

Comments are disabled