窓ガラスを割れないようにするための工夫

window_device
ふとした瞬間に割れてしまう窓ガラス。どれだけ気をつけていたとしても、暴風雨などで物が飛んできて割れてしまったり、近所の野球少年やサッカー少年がボールを飛ばしてきて割れたり、さらには自分の子供やその友達が割ったりと、自分以外が原因で割れてしまうケースも多々あります。そのため、窓ガラスが割れないようにするためには、それらのリスクについて対処しておくことが工夫の一つであると言えるでしょう。

まずその工夫として考えられるのは、台風などの自然災害が起こることを事前に知ることができていれば、窓ガラスの外側にあるシャッターを下ろして何がぶつかってきても大丈夫な状態にしておく。このシャッターの設備が無い場合は、この際、取り付けてもらうこともいいかもしれません。また近所にスポーツをする少年少女が居るような場合も、日中はシャッターを閉めておくことも対応策の一つになるでしょう。自宅で遊んでいる子供たちがガラスを割るのを防ぐという上では、できるだけ外で遊ばせる、窓の付近には近寄らせないなどの方法を用いるのもいいかもしれません。

しかし、口で言うのは簡単ですが、このような対策を行うのはなかなか難しいと感じてしまうのではないでしょうか?実際にシャッターなんて頻繁に下ろすのは面倒ですし、その設備が無いのであれば設置するのも費用がかかる。近所の子供も自宅の子供も、管理できない。そうなると一番ガラスを割らないようにするための工夫として考えられるのは、ガラスの種類そのものを割れないタイプのガラスに変えることが一番手っ取り早いかもしれません。

最近では非常に特殊なコーティングのされた割れにくいガラスができていますので、ガラスを割らないようにするための対応策をアレコレと考えるよりも、そのような特殊なタイプのガラスに交換をしてしまうだけで、ガラスが割れてしまうという悩みから簡単に解放してくれるかもしれません。

Comments are disabled