真空ガラスの秘密

vacuum_glass
機能性の高いガラスが多くみられるようになり、いろいろなタイプのガラスを目にするようになりました。真空ガラスもその一つです。

真空ガラスとはガラスを2枚合わせて、その間を真空部分にしてあるガラスのことです。この構造のお蔭で通常のガラスよりもはるかに高い断熱性を保つことが可能になりました。

なぜ真空ガラスが高い断熱性を保て乗るかというと、魔法瓶と同じ構造を持っているからです。魔法瓶はステンレス製の外瓶と内瓶の二つの容器で構成されており、内瓶と外瓶の間が真空状態になっています。真空状態になると熱や空気、水も通さないため高い保温性、保冷性を保つことができるのです。

窓に関しても同じことで、真空状態を設けることにより熱や冷気を窓から放出することもなく、外から熱い空気や冷たい空気が入ってきてもそれをシャットダウンしてくれます。

真空ガラスは非常にエコ性能に優れたガラスだと言えます。断熱性の高さは一枚ガラスと比べて2倍から6倍もあり、少ない冷暖房効率で部屋の温度を快適に保つことができるようになります。

夏の暑さは年々厳しくなり、冷房にかけるコストも上昇している家庭も多いでしょう。窓ガラスを真空ガラスに変えるだけで、電気代を半分近く削減することも可能になります。

夏は窓から入ってくる太陽光の強い光で部屋の中の温度が高くなってしまうことがありますが、真空ガラスは太陽の熱から受ける暑さを和らげる働きも持ち合わせています。真空部分が太陽の熱が家の中にまで届く量を約半分カットしてくれるため、少ない冷房効率で部屋を快適な温度に保てます。

Comments are disabled